木魚の修理

お盆が近づいてきたこともありお袋にせがまれて木魚の修理をすることとなった。いつごろ作られたのか定かではないが、打たれる面は塗装がはげ落ち本体も削れてへこんでしまっている。
改めて眺めてみると大きな口の魚のようにも見えてきた。早速ネットで調べてみると諸説が出てきたが概ね次のような由来だそうだ。
木魚は、読経の時に打ち鳴らしリズムを整える為のものだそうだ。また、眠気覚ましの為の音でもあり、魚が目をつぶらないことから眠らないものとして、魚の形になったそうである。
b0199167_1329876.jpg

トラックバックURL : https://masuya.exblog.jp/tb/22908026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by masuyanouen | 2014-07-07 13:30 | 家族 | Trackback | Comments(0)

リンゴを育てて思いついたことや、りんご園などの風景を載せています 満寿屋農園(ますやのうえん)


by masuyanouen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31